とある島国のイナイレ日記

イナイレ(ゲーム)のプレイ日記

【イナスト2012】軽く選手考察③ テレス

今日はアルゼンチンのコワモテ(?)男、テレスの紹介。

CIMG2089_convert_20170104180011.jpg

ステータスに変わったところはありません。

CIMG2091_convert_20170104180042.jpg

必殺技もテレス専用、アイアンウォールのみです。アイアンウォールの範囲はものすごく広いですが!久坂「イナギャラではオレも持って…

ですがどうしても自分はチームに組み込まざるを得なくなってしまいました…それは、
① こいつキャッチに4も振ってくれるのかよ!
CIMG2090_convert_20170104180028.jpg

 イナストにおいてキーマン補正はかなり大きな補正要因だとは思います。自分はキーマン補正をキックとキャッチに振るという中途半端なことをしているのですが、そんな自分にとってキャッチに4も振ってくれるというのはありがたい存在で、

キャッチ補正なし
ゼロLv.3の自陣の中心からの魔王の斧がグレイト突破

キャッチ補正+2
ゼロLv.3のペナルティエリアの境界線から魔王の斧がグレイト突破

キャッチ補正+4
ゼロLv.3のペナルティエリアの境界線からの魔王の斧でグレイトが止める
至近距離ホワイトハリケーンをグレイトが止める
センターラインからのホワイトブレスをグレイトが止める


キーマン補正マジで強いです…

② テクニックアクション赤突進…
迅速な移動が可能な突進を持っているというありがたい人でした…


しかし、そんなテレスにもやはり欠点があり、ゲージ速度は少し厳しいものがあります。大人壁山と同じくらいですかね…
ロングシュートをバンバンと打ってくるチームには無力になってしまいます。調子が悪いとちっともシュートブロックしてくれず「仕事しろ」と言いたくなることもしばしばですが…


スポンサーサイト

PageTop

【イナスト2012】軽く選手考察② 蛇野(ゼロのキーパー)

本日は一人だけ、ゼロのキーパー、蛇野の考察です。

CIMG2077_convert_20161224200004.jpg

今作のラスボス、ゼロのGKながらも、映画では影山のフェイントに引っかかるわ周りが化身を出しまくる中チームでたった一人のGKなのに化身は出せないわで散々な扱いを受けました。
それはイナストでも受け継がれているようで、はっきり言ってキーパーとしての利用価値は無いに等しいです。属性相性完敗なはずのロストエンジェルさえ、キーマンでキックに6振ればサーペントファング貫通したくらい。牙山さんはキーパーの育成をさぼったご様子
CIMG2080_convert_20161224200055.jpg
同じTP40でもゴッドハンドVとは雲泥の差ですね。


この様にGKとしては悲しすぎるスペックを持っている蛇野はもうGKではなくDFとして使いましょう!ということです。
様々な理由があって、

① 圧倒的なゲージ速度
 イナスト2013でも同じことだそうですが、彼は弱いキーパーであるがために、ゲージ速度がやたらと早く設定されております。これがここぞの場面でシュートブロックが挟まってほしい時にとても嬉しいんですよね~。

② ブロック技
 彼は、レベル3ブロック技でもシュートブロック特性がついたハンターズネットを持っています。レベル3というのが嬉しい!
 またハンターズネットの属性は林なので、大人円堂の属性補完ともなりますね。本人の属性が山?知らんな
 ただしハンターズネットは範囲があまり広くありません。むしろ狭いです。
CIMG2079_convert_20161224200039.jpg

③ キーマン補正
CIMG2078_convert_20161224200023.jpg
  キーマン補正は決して優秀とは言えないですが、それでもガードに2も振ってくれる、まさにDFの鑑です。
 GKなのにガードに振ってくれるというのはもう公式がDFとして使ってくれと言いたいに違いない
 本人のガードもBと悪くないですね。これでAなら本当に完璧なDFでした。


 ただ欠点もあって、
 GKならゲージが溜まっていればTPは消費されませんが、DFはそうもいかず、本人のTPが140とガス欠を起こす危険性大ですね。実質一試合で2~3回しか技が使えないので、アイテムの使用権をゆだねなければならないです。ガス欠してしまえばゲージもくそもないですからね。


そんなわけで蛇野の紹介でした~

PageTop

【イナスト2012】軽く選手考察①  円堂監督、一流さん、シュウ

イナスト2012の選手を考察していこうと思っているのですが、かなりやりこまねばならないので続くかな…ってかそもそも自分はイナストにはあまり詳しくないので大丈夫かななんて思いながらも単にやってみたくなっただけゲホンゲホンやはりイナストって奥が深くて面白いので何とか続けばなあと思います。



① 大人円堂

CIMG2067_convert_20161218181911.jpg

テクニックアクション:風切り

 大人円堂を最初に紹介した理由は、ただ単に前作の主人公だから、というわけではなく、千宮司やアームド信介がいないこのゲームでは恐らく最高火力をたたき出すことができるキーパーだからと踏んだためです。

確かに子供円堂もキャッチはAですが、大人の特権として(?)TPが190と、かなり高いです。またイナスト2013では度々大人の方が強いと聞くのですが実際はどうなのでしょうかね…?

では、そんな(大人)円堂が強いと感じる点はどこのあるのか?
グレイト・ザ・ハンドに決まっているではないか(ドヤア
もともとパスワード入力時点で、ゴッドハンドVを習得しており、これが消費TP40とかなりお得な上、イナスト2013ではオメガ・ザ・ハンドより強いんじゃね?などと言われていたりしますし、DS版では化身技の扱いを受けているグレイト・ザ・ハンドは、キングファイアやアームドぶっとびパンチのない今作では恐らくこのゲームのキーパー技で最大火力が出ます。それがTP60で発動できるので、TP190もある大人円堂には非常に燃費の良い技になっているといえるでしょう。

またゲージ速度に関しては、可もなく不可もなく…といった感触。調子が悪い時は遅く感じますが、逆に良ければ結構「溜まってた!」なんてことが多いです。(曖昧ですみませんorz)

剣城などの火FWならほぼ確実に殺せると思いますが、やはり弱点は風ですね。特に一流さんなんかに打たれたら本当にありがとうございました。





② 白竜

CIMG2069_convert_20161218181954.jpg

テクニックアクション:白突進

前作から投入された風FW。当ブログのイナギャラ日記では毎度ネタにされてます。

とまあ率直に言うと、とても優遇されています。
ただでさえ強力な化身技のホワイトブレスに加えて、合体化身技のソードエクスカリバーシュートブロックができるホワイトハリケーンと技構成が強すぎる!イナスト2013に至ってはシュートチェイン技のドラゴンブラスターまで覚えてしまう…

またテクニックアクションが突進なのでノーマルシュートするにももってこいです。加えて本人のゲージの調子によっては試合開始→連続突進でゲージ溜め→ホワイトブレスで先制なんて芸当ができるかもね!

またLv.3ドリブル技スプリントワープも習得しており、立ち回りも悪くないです(範囲は決して広いとは言えませんがね)

とここまではいいですが、彼には欠点といえるものがあって、ゲージ速度だ!(といっても絶望的なほどではないと思いますが)
もっともこれでゲージ速度が速かったら厨キャラでした。調子が良ければ一試合4~5回ほどは技出せるかなーという感じですが、調子が悪い時はひたすら連続突進で相手にぶつかりましょう。これでまだ何とかなるかと思います。



③ シュウ

CIMG2071_convert_20161218182009.jpg

テクニックアクション:風切り

映画では白竜とともに三国さんをBoKoBoKoにしていましたがイナストでは属性相性とステータスから言ってまずありえないですね。というのも、キックB、ガードBという中途半端さが目立つんですよね…キーマン補正(キック+6)があれば至近距離魔王の斧でハイボルテージがようやく破れるくらいです。

とFWでの運用は少し厳しいですが、ドリブラーとしての役割は十分に果たしてくれます。
ドリブル技にはかなり範囲が広くそれでいて合体技のため消費TPが30(だったっけ?)とお得な「ブリタニアクロス」がありTPも高いので、案外ドリブラーとしての役割を果たしてくれます。ゲージ速度は白竜よりは確実に早いと思います。何より風切りはCPU戦だと正直使い勝手は良いように思うので…。ソードエクスカリバー要因として置いておくのはありだと思います。




これで考察になっているのか…?
長文をお読みいただきありがとうございました!

続きを読む

PageTop